「Re(リ)」の意味合い

リノベーションのメリット

主なメリットは、自由に設計ができることでしょう。
例えば中古物件を購入する場合でも、間取りや内装などが希望通りでなくても、一から変えてしまいます。
極端に言えば、現状はどうでも良いことになります。

しかし、リノベーションにしろ、リフォームにしろ、自分がどんな生活スタイルで、どこをどう改修したいのか、明確なプランを持ったうえで、専門家と相談することが大切です。
一戸建てのリノベーションは、外装の一新や増築・減築など、自由度が高くなっています。
マンションの場合は集合住宅であり、一戸建て住宅以上に、近隣住民への配慮が重要なポイントになってきます。
また、表面的には見えないところですが、マンション独自の設計(水回りの位置や配管など)にまで気を配ることになります。

新築物件と中古物件の費用

一戸建てを考えるときに、「古家あり」の土地の場合は、更地にして住宅を建てることになってしまわないように注意しましょう。
更地にする費用だけでも、面積にもよりますが200万円ほどかかるようです。
新築建て売り住宅を購入するよりも、むしろ、かなりの高額になってしまう場合があります。
あくまでも、その土地に建っている中古の家を購入することが目的になりますので、築年数や外観の傷み具合をチェックしましょう。

新築建て売り住宅や分譲マンションの価格は、約15年で大きく下落しますので、築年数が15年程度の物件を購入するのも悪くありません。
そうなると、物件の探し方も変わってきて、選択肢が広がりますね。
それもリノベーションのメリットでしょう。
中古を購入してリノベーションする費用は、新築物件を購入する費用と比較すると、安くすむ場合が多くなっています。


▲ TOPへ戻る